弁護士の有無

ランチに出かける

離婚をする場合には、弁護士をつけるべきでしょうか。結論からいいますと、話し合いによる協議離婚であればつけなくてもかまいません。ただし、何らかの事情で話し合いができにくい場合は、第三者として弁護士に間に入ってもらうという方法は取れます。 また、協議離婚が成立しなかった場合は、調停離婚となります。ここで気を付けておきたいのは、協議離婚が成立しなかったからといって、すぐに訴訟に持ち込むことはできないという点です。その前に必ず調停を行い、それが合意に達しなかった場合に初めて訴訟を行うことができるのです。調停は、申立をした側の、相手の住所を管轄する家庭裁判所で行われます。この調停離婚は、弁護士をつけた方がスムーズにことが運ぶ場合もあります。

調停の場合は、それぞれの話を聞きながら調停委員会が取りまとめてくれますが、弁護士が入ることで、ことがスムーズに運ぶこともあります。調停の場合の弁護士費用は約20万円から50万円程度です。もしこの調停でも合意できなかった場合は訴訟となり、それよりもう少し多くの費用が必要となります。 それから弁護士をつける場合は、できるだけ離婚に強い事務所に相談して、引き受けてもらうようにしましょう。また、大抵の場合弁護士事務所は有料となり、30分にすき5400円の相談料がかかります。無料で相談をしたい場合は、弁護士会の無料相談を利用するか、法テラスを利用するのがお勧めです。法テラスでは、その人の問題に合った弁護士を紹介してもらうこともできます。